開催レポート

report

メディアの変人木村さん「つらいことや大変なことは必ずある。だけど、その経験は今のつらいことを乗り切る糧になったりするもの。悪いことばかりではないよ」~三田国際学園の放課後キャリアイベント第8回

メディアの変人木村さん「つらいことや大変なことは必ずある。だけど、その経験は今のつらいことを乗り切る糧になったりするもの。悪いことばかりではないよ」~三田国際学園の放課後キャリアイベント第8回

2023年3月14日(火)三田国際学園中学校・高等学校にて、近未来ハイスクール特別連続講座「多様なキャリアを知る~近未来ハイスクールの変人と会おう~」の第8回が開催されました。

第8回のゲストは日本経済新聞社で編集委員を務める木村恭子(きむらきょうこ)さんです。
新聞記者の他、大学や大学院の教鞭に立っていたり、テレビやラジオへの出演、本の出版など、様々な場所やメディアで活躍している木村さん。木村さんが”変人“たる所以を、存分にお話してくださいました。
その様子をご紹介します。

※本イベントは、三田国際学園中学校・高等学校の先生からご依頼をいただき、放課後の課外イベントに近未来ハイスクールの変人を紹介する形を取っています。
詳しいお問合せやご質問はコチラまで⇒https://www.kinmirai.co/contact/

自己紹介に掲載のこの写真。裏話が凄すぎました!今でも木村さんの力になっている出来事だそう。
事前質問やその場の質問にも丁寧にお答えくださった木村さん
社会人になってからの経歴をお話いただきました。学び+仕事に邁進されています

最後に木村さんはサッカー元日本代表の中田英寿さんへインタビューした際のこんな言葉を紹介しました。
「辛いことがないと「嬉しい」という感覚は味わえない」
「サッカーで努力したことはない。努力は好きでないことをする時のもの。好きなサッカーで辛い練習は当たり前」
木村さんは、好きなことや楽しいことをやっていても辛いことはある。それでも「好きだからしょうがない。やるしかないな~」くらいに思えれば肩の力が抜けるのでは?そうすることでみなさんが前を向けるといいな、と思う。とメッセージを伝えました。

木村さんのエピソードの中に、新人時代に経験した「呼ばれていない場に参加してこい!」という『上司からの突撃命令』がありました。この経験は、木村さんにとって今も何か壁にぶつかったり、「嫌だな、大変だな」と思うことがあっても、当時を思い出して「あれを乗り越えたのだから、まだ頑張れる」と糧になっているそうです。
そのことから、三田国際の生徒さんに向けて、「自分1人で乗り越えなきゃいけない大変なことはこれからきっと沢山あると思う。だけど、その乗り越えた経験は次に前に進むための力になることがある。今日の話をいつか思い出して、『いやいや、こんなことでは負けていられない!』と勇気を振り絞るキッカケになったら嬉しい」と伝えて、木村さんのお話は終了しました。

※近未来ハイスクールに関するお問合せやご質問 https://www.kinmirai.co/contact/
※三田国際学園中学校・高等学校HP https://www.mita-is.ed.jp/

recommended

水辺に浮く畑の野菜を収穫して食べてみた。水質浄化のために自分たちができることを具体的に考えてみた近未来ハイスクール(24.01.27レポート)

水辺に浮く畑の野菜を収穫して食べてみた。水質浄化のために自分たちができることを具体的に考えてみた近未来ハイスクール(24.01.27レポート)

最後にはお悩み大相談会に。変人心理カウンセラー前田利恵子さん~三田国際学園の放課後キャリアイベント第13回

最後にはお悩み大相談会に。変人心理カウンセラー前田利恵子さん~三田国際学園の放課後キャリアイベント第13回

青空の下のワークショップ!入間川をバズらせるためのアイディアを考えてきました-23.11.23近未来ハイスクールレポート

青空の下のワークショップ!入間川をバズらせるためのアイディアを考えてきました-23.11.23近未来ハイスクールレポート

お問い合わせ、取材申し込み、ボランティア登録 メールマガジン登録 近未来KOSEN