近未来ハイスクールは、第一線で仕事をする「職業人」と「学生・先生」をつないで、未来につながる「行動変容」のきっかけを作ります。

ここで触れる職業人は「変人」です。他の人との違う人=変人は、その差異が価値となり、さまざまな形で社会課題の解決に貢献しています。

世の中には、
企業に勤める人、会社を経営する人、インディペンデント・コントラクター(IC)、フリーランスといった多様な働き方をする人。

行政、商社、農業、運輸、IT産業、マスコミ、ゲーム、クリエイティブ関連など多様な業界。
など、多様な働き方、業界、職種があります。

学生時代は保護者と先生以外の大人と接点をなかなかもてません。

近未来ハイスクールでは、楽しく働く大人たちが「自分の仕事」について生徒と対話する「ダイアログ」や、社会や会社の課題解決を考える「プロジェクト学習型」のワークショップを通じて、学生が近い未来になりたい職業のイメージをふくらませる、もしくは彼ら自身が新たに仕事を生み出す種を植える、お手伝いをします。

仕事の熱量をやりとりする

「有名企業の卒業生ひとりが、学校の体育館で数百人に講演する」という「睡眠薬」ではなく、仕事を楽しむ熱い大人(=変人)たちと間近で対話したり、モヤモヤと気になる課題を解決するために誰かと考え・発表するという「目が醒める炭酸水」を提供します。

近未来ハイスクールの主な形式

ダイアログ型
少人数のグループで多様な職業人とフラットな立場で対話します。仕事をしている現場の様子や、転職など自らのキャリアの変遷、働き方の実際、そしていまの仕事に対する熱意など、普段話すようなことがない大人と対話します。(2017/3/25に開催したスタイル

プロジェクト学習型
高校生にとって身近な課題についてワークショップで協働して解決策を考えます。

 

 

■お問い合わせ
information@opnlab.com